自己破産をしたら肩の荷が下りました。

借金は返せる範囲がベスト

大きいお買い物をする際や、急にまとまったお金が必要になった場合には借金をして精算する場合があります。お金を借りる場合は、銀行からお金を借りる方法や消費者金融を利用して借りる方法などがあります。共通して借金した場合には利息が発生します。借りる期間が長くなればこの利息の金額も増額していきます。

借金で首が回らなくなるといった方のほとんどはこの利息に苦しめられている傾向にあります。普段の生活から借金をしてしまうと癖がついてしまい、また借金してしまう傾向があります。無人のATMを利用するとすぐにお金が出てくるので便利に思いがちです。気が付いた時には額が大きくなっており、返済しても利息分がほとんどで元の借金の金額が減っていかないといった現象が発生します。

お金を借りる際には借りたお金の使い道を考えてしまいがちですが、しっかり返済できるかどうか、どれくらいの利息が発生してくるのかなどは事前にしっかりと確認したうえで借りることをオススメします。また利息の過払いがあった場合には弁護士に相談することによって過払い金の返還請求が出来ます。真面目にコツコツと毎月しっかり返済していれば戻ってきたお金で借金の返済が一気に進むこともあります。

住民税の支払いに借金を

私の会社は倒産してしまい、仕事を失ってしまいました。倒産なので、退職金もでず、失業保険はもらえましたが、今までもらっていた金額よりも少ないので、生活は大変でした。ハローワークに通いながら職探しをし、さらに困ったのが住民税の支払いでした。突然の倒産で、しかも退職金もない私には、すぐに払える金額ではありあませんでした。

住民税は少しは払っていたのですが、お金がない状態なので、全部払うことはできませんでした。全部払うことができないので、とにかく払えるだけ払っていましたが、なかなか払いきることができませんでした。そんな生活をしていて、税金を期日通りに支払うことができないまま、ようやく仕事が見つかり働き出すことができました。このままでは滞納金が発生してしまうので、借金をして住民税をすべて払い終えることができました。

住民税の滞納金とくらべたら借金の利息はそれほど大したことはないし、リボ払いで借りたため、すぐに全部払うこともないのでとても支払いが楽になりました。現在では、安定した給料をもらっているため、思っていたほど支払いもきつくはないし、住民税をなんとか全部払い終えることができたということでかなりの安心感があります。本当に良かったです。

自己破産の免責不許可事由とは

自己破産の申し立てをした場合、免責許可の決定を受ければ借金がすべてなくなります。

しかし、免責不許可事由に該当した場合には免責許可の決定を受けることはできないのが一般的です。
この免責不許可事由に該当した場合には、裁判官の判断で免責の決定を下すのかどうかが決まります。

免責不許可事由に該当しなければ免責の決定を下さなければなりません。

該当したからと言って必ずしも免責が下りないわけではありません。

では、免責不許可事由とはどういったものなのでしょうか。

自己破産をするときには少し恐れてしまうかも知れませんが、普通の人ならあまり該当しないでしょう。
たとえば、特定の債権者に、先に弁済した場合などが挙げられます。

また、財産を隠しているといった場合にも不許可事由に該当します。

浪費やギャンブルによって財産を減少させた場合なども不許可事由に該当することが多いです。
他にもいろいろあるのですが、曖昧な部分もあります。

たとえば借りたお金をすべて競馬につぎ込んだのなら明らかに免責不許可事由に該当するでしょうが、
事業に投資をした場合などには、それが不許可事由に該当するかどうかと言うのは非常に難しいところです。

ですから、専門家である弁護士などに相談をするべきでしょう。