金融機関で滞納した借金を債務整理で解決

金融機関で滞納した借金を債務整理で解決

残業代を含めて返済できる計画で消費者金融から借り入れを行っていましたが、会社が業務の受注に失敗して残業がなくなり、ボーナスも支給されなくなった影響で計画が狂ってしまい、指定日までにお金を用意できずに滞納が続いてしまいました。遅延損害金が発生しているのでさらに残高が増えており、督促が続くと周囲にも知られてしまう恐れがあるので、このまま返済を続けるよりも減額を試みた方が良いのではないか、と考えたのが債務整理を利用した理由です。

 

債務整理は個人信用情報機関に記録されてしまうデメリットはありますが、既に消費者金融で長期滞納による記録が付いています。また、連帯保証人のいる借り入れもないので債務整理することによる気になる問題点がなかったので悩むことなく弁護士に相談しに行きました。

 

債務整理の手続きを開始したことで、督促が来なくなったので精神的にかなり楽になり、借金の減額にも成功して毎月の返済額も抑えられ、生活を圧迫しないで支払いを続けられるようになりました。信用情報に傷が付いたのでクレジットカードが使えないことは不便を感じていますが、債務整理しなくても滞納で起きてしまっているものであり、ある程度はデビットカードでも代用ができるので、それほど困っていません。