自己破産をしたら肩の荷が下りました。

自己破産をしたら肩の荷が下りました。

借金の返済が長引いてしまったので、全額を返済するのが難しくなりました。どうすれば良いのか分からなかったので、法律の専門家に相談してみる事にしました。借金の状態や返済状況などを調べてもらった結果、自己破産をするのが一番良いという結論になりました。

 

自己破産という言葉は聞いたことがありましたが、実際に自分が行うとは思ってもみませんでした。法律の事はモチロンですが、自己破産の手続きなどについても全く知識がありません。お願いした弁護士さんが全て手続きをしてくれたので助かりました。

 

後でトラブルが発生しても困るのでと思い、手続きを行う前にしっかりと質問をして納得がいくまで話を聞く様にしました。法律の事についての話は難しいだろうなと思っていたのですが、一般人でも解るように丁寧に説明してもらえたので、良く納得する事が出来ました。

 

その後裁判所に手続きの申請をして、無事自己破産の手続きを終える事が出来ました。重荷だった借金が無くなり、胸がスーッと楽になった気分です。一人で悩み続けていた上に精神的にも不安定になりそうだったので、今では自己破産して本当に良かったと感じています。何よりも信頼できる弁護士さんに出逢えた事が良かったです。

自己破産は思っていた以上に簡単だった

自己破産をすれば借金が帳消しになるということは、それだけ条件が難しいのではと思っていました。それに、借りたお金は返すのが当たり前だと考えていましたから、自己破産をしようとは全く思ってもいなかったのですが、明らかに収入と返済のバランスが悪くなり返済が難しい状況になって債務整理を考えるようになりました。

 

何をすれば借金から逃れられるのかわかりませんでしたから、とにかく専門家に相談してみようと無料の借金相談を受け付けてくれる弁護士事務所で話を聞いてみたのです。すると、債務整理にも幾つかの方法があるということがわかり、自己破産はその中の一つにすぎないということがわかりました。

 

そして、自分の場合には自己破産をするのが最も良い方法だというアドバイスをしてもらい、自己破産の流れやしたあとのことを説明してもらった結果、すべてを弁護士に任せることにしたのです。自己破産の手続きに入ってからは特に自分は何かをするでもなく、弁護士に任せっきりでした。最終的には借金がなくなり、こんなに簡単に終わるものなのかと驚いてしまったほどです。

 

返すことができるのであればそれに越したことはありませんが、できないのであれば自己破産も一つの方法だと感じました。

浪費で作った借金で自己破産しました

大学生時代からブランド物のバックや服が欲しくて、親から仕送りで送って来たお金でブランド品を買ってしまい、仕送りが足りなくなっていつも親に泣きついて仕送りしてもらってました。浪費癖は社会人になってからも治らずに、OLの初任給じゃブランド品を買う余裕が無いのに、来月節約すれば問題ないと思って分割ローンで買い始めました。

 

どんどん分割ローンでブランドバックや服を買っているうちに、毎月の分割払いの支払いが厳しくなって、返済できない時に消費者金融でお金を借りて払うようになりました。それでもブランド品のバックや服を買う浪費癖が無くならず、分割払いの支払いが厳しくなって、その都度消費者金融を使って返済していました。消費者金融の支払いもOLの収入では返済できるわけが無く、謝金が雪だるま式に増えて行き、気付いた時には総額で500万円を超えてました。

 

友人に相談したら弁護士事務所を紹介してくれて、そこに相談に行ったら、任意整理と自己破産があるけど、浪費癖が酷い事から自己破産をすすめられました。必要な書類を弁護士事務所に届けて、自己破産手続きをやってもらいました。自己破産によりクレジットカードも、消費者金融の借金も5年間できなくなったことで浪費癖も治り、自己破産をして結果的に良かったです。

お役立ちサイト

  • ギャンブルの借金を無料相談

    ギャンブルによる借金を返すための具体的な方法、実際に解決できた人の体験談など。

  •  

  • 借金 返す方法

    借金を少しでも早く返す方法、無料相談サービスを利用して債務整理をした体験談など。